介護職員初任者研修とは?

これまで「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格に代わる新しい資格の名称で、2013年4月からホームヘルパー2級の資格制度が廃止され、新しく「介護職員初任者研修」という資格制度になりました。 旧ホームヘルパー2級の資格制度は廃止になりましたが、2013年3月までにホームヘルパー2級の資格を取得している人も、介護職員初任者研修修了者としてこれまで通り介護の仕事を続けることが可能です。

ホームヘルパー2級資格からの変更点は
これまでホームヘルパー2級の資格を取得するには、施設での実習が必須となっていましたが、新しい介護職員初任者研修では施設実習が必須ではなくなりました。 住んでいる場所や働きながら学んでいるなど、資格勉強している状況によっては施設実習に参加するのが難しいという人も多かったかもしれませんが、介護職員初任者研修では必ずしも施設実習をおこなう必要がなく、これまで以上にチャレンジしやすくなった資格であると言えるかもしれません。 また、ホームヘルパー2級ではすべてのカリキュラムを修了すると同時に資格を取得できましたが、介護職員初任者研修ではカリキュラム終了後、修了試験を受けて合格する必要があります。 試験と聞くとハードルが上がったような印象を受けるかもしれませんが、すべてのカリキュラムをしっかり学習していれば問題なく合格できると感じた人が多いようです。

介護資格の第一歩
介護職員初任者研修を受講するための特別な受講資格は決められておらず、妊婦さんなどを除き健康な人であれば、年齢や学歴などを問わずに資格取得を目指せる資格です。 介護職員初任者研修修了者になると、介護・福祉の施設やサービス業で介護の仕事に就くことができますが、実務経験を積めば、実務者研修修了者、介護福祉士、認定介護福祉士など、さらに上位の資格を取得することもできます。 介護の資格は日本全国どこでも共通ですから、転居先で新しい仕事を見つけやすいという強みもあります。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ