履歴書にはなんて書くの?


履歴書にはどう書けばいい?
2013年度から新しく始まった資格である介護職員初任者研修は、国家資格ではないものの認定資格として履歴書に書いても問題がない資格です。
介護職員初任者研修を修了して資格を持っている場合、履歴書に記入する正式名称は「介護職員初任者研修課程修了」と書きます。
通称である「介護職員初任者研修」や「介護初任者研修」などと記入してしまいそうですが、履歴書ではなるべく正しい記述をするのが望ましいので、正しくは「介護職員初任者研修課程修了」だと覚えておくと良いでしょう。
資格を得るには都道府県の認定を受けた養成機関で講座を受講しますが、大阪府指定の講座で取得した資格でも、全国的に通用する資格となっています。

ホームヘルパー2級資格を持っている場合は?
介護職員初任者研修は、これまでのホームヘルパー2級資格(訪問介護員2級養成研修)に代わって登場した資格で、ホームヘルパー2級の資格を持っていれば2013年度以降も変わらず介護の仕事に就くことができます。
つまり、ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修は同等の資格ということになりますが、履歴書に資格を書く場合、ホームヘルパー2級の資格を介護職員初任者研修課程修了と書いてはいけません。
あくまで同等の資格というだけで、ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修とはまったく別の資格になるので、どちらかの資格しか持っていないという人は、そのどちらかの資格名称だけを書けば良いのです。

新たに介護職員初任者研修を取得する必要は?
ホームヘルパー2級も介護職員初任者研修も特別な更新の必要がなく、生涯資格として履歴書に書くことができる資格です。
2013年度までにホームヘルパー2級の資格を取得していれば介護の仕事を続けられますし、介護職員初任者研修は同等の資格なので、新しく介護職員初任者研修を受講する必要もありません。
もし新しく介護の資格取得を考えているなら、さらにキャリアアップも望める上位資格を目指してみると良いでしょう。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ