介護福祉士との違い


2013年度から変わった介護資格のしくみ
2012年度までは「ホームヘルパー」「介護職員基礎研修」「介護福祉士」の3つの資格がありましたが、それぞれの資格を取得するためのルートが複雑で、どのような手順で学べば良いのかがわかりにくいということがありました。
2013年度からはホームヘルパー2級が「介護職員初任者研修」に、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修が「実務者研修」に一本化され、どちらの資格からも介護福祉士を目指すことができ、いずれの方法も国家試験を受験し合格すると介護福祉士の資格を得ることができます。

介護職員初任者研修と介護福祉士の違い
介護職員初任者研修は、各都道府県から指定を受けた養成機関で講座を受講して修了試験を合格した人に与えられる「認定資格」で、介護福祉士は国家試験を受験して合格した人に与えられる「国家資格」です。
介護職員初任者研修を受講するための資格は特に設けられていませんが、介護福祉士の国家資格を受験するには、実務経験や専門機関での教育などの受験資格があり、条件を満たした人でなければ受験することができません。
介護の仕事をするにあたって基本的な知識と技術を習得しているとされる介護職員初任者研修修了者に対し、介護福祉士はより幅広い知識と技術が要求され、介護サービスの利用者ごとに的確な介護を実践することが必要となります。
かんたんに言えば、介護職員初任者研修修了者がおこなう介護について、介護計画を立てたり作業の指示を出したりするのが介護福祉士という位置づけと考えればわかりやすいでしょう。

介護職員初任者研修から介護福祉士になるには
資格や経験がまったくなくても、大阪なら大阪府が認定する機関で介護職員初任者研修を受講すれば修了者として資格を得られますが、そこから介護福祉士になるにはさらに実務経験を重ねる必要があります。
2015年1月までは3年の実務経験があれば介護福祉士の国家試験を受験できますが、2016年1月からは「実務者研修の修了」と「3年の実務経験」が必須条件となります。
実務者研修は働きながらでも受講できるので、ステップアップを目指すならまずは実務経験を積みながら実務者研修の受講を考えると良いでしょう。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ