介護職員初任者研修の講習


介護職員初任者研修の講習で学ぶこと
介護資格の入門でもある介護職員初任者研修の資格は、実務経験や年齢・性別の制限がなくどんな人でも取得できる資格です。
初めて介護について学ぶという人でもわかりやすく、介護についての基礎から学習し、介護の仕事に必要な実技についても学習します。

ホームヘルパー2級講習との違いは?
かつてのホームヘルパー2級資格と同様、資格を取得するために130時間のカリキュラムを受講する必要がありますが、大きな違いはすべてのカリキュラム受講後に実施される修了試験に合格しなければならないということです。
それまでの講習をしっかり受けていれば合格できる内容となっていますが、ただカリキュラムを修了するだけの資格ではなくなったことで、より介護の知識と技術を身につけようとする姿勢が必要とされるようになったと言えるでしょう。
また、講習内容はより専門的な部分にまで踏み込まれており、知識や技術の習得はもちろん、生活支援のスペシャリストである介護職員としての自覚を持ち、プライドを持って仕事に励む姿勢から学ぶことができます。

講習の内訳
介護職員初任者研修の講習内容は「職務の理解」、「介護における尊厳の保持・自立支援」、「介護の基本」、「介護・福祉サービスの理解と医療の連携」、「介護におけるコミュニケーション技術」、「老化の理解」、「認知症の理解」、「障害の理解」、「こころとからだのしくみと生活支援技術」、「振り返り」の10項目で、これらを130時間かけて学びます。
130時間のうち座学が90時間、実技演習が40時間で、すべてのカリキュラムを終えてから1時間程度の修了試験が実施されます。
それぞれのカリキュラムがどのような日程でおこなわれるかは各スクールによって異なり、最短コースを用意しているスクールなら1ヶ月以内に資格取得まで終えられることもあるでしょう。
大阪でも人気の資格なので早めに講座が定員に達してしまうこともありますが、年に数回講座を開催しているスクールもあるので、通いやすいスクールを選んで資格取得を目指してください。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ