実務経験の日数


介護職員初任者研修を受講する基準や条件は
介護や医療などの資格を取得するためには、資格試験や資格取得のためのカリキュラムを受講するための資格を設けているものも多くあります。
実務経験の日数や大学・専門学校など専門の教育機関での学習期間などがありますが、介護職員初任者研修を受講するために必要な受講資格は特に設けられていません。
妊娠中の女性など一部受講制限はありますが、基本的に年齢や性別・国籍に関係なく、カリキュラムを修了し、最後の修了試験に合格すれば介護職員初任者研修の資格を得ることができます。

実務経験がなくても介護の仕事ができるのか
介護職員初任者研修のカリキュラムでは、介護の仕事に必要な心構えから技術、知識、福祉と医療との繋がり、老化・認知症・障害についてなど、介護の仕事をしていれば必要とされる基本的な知識と技術を学ぶことができます。
まずは介護の仕事についての理解から深めていくため、これまで介護の仕事に関わったことのない人でも、仕事の意義から学べるのも介護職員初任者研修カリキュラムの特徴です。
資格取得できるスクールによっては、希望すれば大阪市内や近隣エリアにある実際の施設で現場研修ができるスクールもあるので、仕事に就く前に介護施設について知りたいという場合は、現場研修制度のある資格スクールを選ぶことをおすすめします。

介護職員初任者研修修了者からのステップアップ
特別な経験や資格を持っていなくても介護職員初任者研修修了者として介護職に就くことができますが、介護職を続ければさらに上位の資格を目指すことも可能です。
初任者から実務者研修を修了し、3年の実務経験を積むと国家資格である介護福祉士の資格試験を受験できます。
経験のない状態からスタートすると介護福祉士までは長い道のりに見えますが、国家資格があれば仕事の幅も広がりますし、収入の面でも大きな差が出てきます。
介護職を長く続けようと思うなら、ぜひ実務経験を重ねて上位資格を目指せるようにしてみると良いでしょう。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ