資格内容


介護職員初任者研修で学ぶこと
介護職員初任者研修は介護職における入門的な資格となりますが、実際にどのような内容を学んで資格取得を目指すのでしょうか。
高齢者や体に障害を持つ人の日常をサポートするための資格として、必要な知識や基本的な技術などを学んでいき、合計130時間のカリキュラムを経て修了試験を受けます。
そのカリキュラムで学ぶことは、介護職員初任者という職務の理解や、介護の基本、老化・認知症・障害への理解、介護・福祉サービスの理解と医療との連携、こころとからだのしくみ、生活支援技術など約10項目にわたり、介護職員としてどんなことが必要なのかを学んでいきます。

どんな人が目指す資格なのか
介護職を目指す人にとっては入門となる資格なので、これから介護・福祉分野で働きたい、転職を考えているという場合はぜひとも取得しておきたい資格です。
直接介護職を目指している人以外では、家族など身内に介護を必要とする人がいて、その人の介護をするために介護の基本を学ぼうとする人や、介護職員初任者研修の資格を活かしてスキルアップやキャリアアップを目指す他種業界の人もいます。
大阪に限らず全国的にレストランやデパートなどでもバリアフリー化が進んでいますから、高齢者や障害者への案内・サービスの充実を図りたいと思うサービス業の人もいますし、建設や設計に関わる人でバリアフリー設計をするために介護についてより理解を深めようとする場合もあるでしょう。
また、転居や転職、復職にも強い資格のひとつですから、引っ越してもすぐに働きたい、出産や子育てをした後にもしっかり仕事をしたいと考える人にとっても便利な資格です。

資格を取得するなら資格スクールに通うこと
介護職員初任者研修の資格を取得できるかどうかは、最後の修了試験に合格できるかどうかにかかっていますが、この修了試験を受けるためにはまず130時間のカリキュラムをすべて修了する必要があります。
資格取得できるスクールは大阪はもちろん全国に多数あり、通信・通学の通いやすい方を選んで学べるスクールも多いので、通いやすさ・料金・サポート内容などをよく比較検討して選んでみてください。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。


このページのトップへ